出会い 恋活/婚活

【両性】バイセクシャルの出会いの場はどこ?パートナーと出会う方法や注意点を解説! 2020年7月

2020年6月30日

バイ 出会い

バイセクシャルはの人たちは「出会いの機会になかなか恵まれない」ことが多いのではないでしょうか。

しかし、出会いの機会がないように思うのは、出会える場所を知らないことが原因かもしれません

出会える場所を見つけて一生のパートナーに巡り合うため、出会いのチャンスを増やしましょう。

LoveDoor編集部
この記事ではバイセクシャルの出会いの場やパートナー探しに使えるマッチングアプリ、さらに実際のパートナー探しでの注意点を紹介します。

気になる部分をすぐチェック

この記事のもくじは下記の画像をタップして!
バイ 出会い 方法
バイ 出会い マッチングアプリ

バイセクシャルの恋愛事情

バイセクシャルは男性も女性も両方恋愛対象として見ることができる人のことを指します。

異性愛者であるストレートや、同性愛者のゲイやレズビアンなど、他のセクシャリティを持つ人からはなかなか分かってもらえない部分があります

しかし、バイセクシャルの誤解を受けやすい部分を事前に知っていれば、今後のパートナー探しに活かせるはずです。

バイセクシャル以外の人には誤解されやすいバイセクシャルならではの恋愛事情には、どのようなものがあるのでしょうか。

あわせて読まれています

関連記事
LGBT 出会い おすすめ アプリ 注意点
【探求】LGBTが出会いを探すには?おすすめアプリと出会うときの注意点を紹介!

日本でも同性愛者に対する理解が少しずつ深まってきましたが、まだまだ理解されていない部分も多いのが現実です。 また、出会いの場も限られているので、LGBTの人と「どこで出会えるのか分からない」という人が ...

続きを見る

同性愛者と混同されやすい

バイセクシャルは恋愛対象を同性とも異性とも限らない恋愛スタイルを持っています

しかし、バイセクシャルが異性パートナーを持つと「ストレート」、同性パートナーといると「同性愛者」と誤解されてしまうこともあります。

普段から「LGBT」「性的マイノリティ」とまとめて形容されるので、同性愛者とバイセクシャルの違いが分かっていない人も多いのです

好きになる相手の性別を問わないバイセクシャルだからこそ、誤解され出会いの機会が失われることもあるのでしょう。

出会う人全員が恋愛対象なわけではない

バイセクシャルは同性・異性共に恋愛対象なので、ストレートよりも恋愛対象の範囲が広いです

そのため、「バイは惚れやすく出会う人のほとんどが恋愛対象だ」と誤解されてしまうのです。

ストレートでも異性全員が恋愛対象になるわけではないように、バイセクシャルにも個人の好みがあるので、好みでない人は恋愛対象にはなりません。

性への好奇心が強いと思われがち

バイセクシャルだと分かったとたん「誰とでも寝れる」「3Pもオッケー」など、心無い言葉をかけられたことがある人もいるでしょう。

バイセクシャルは性への好奇心が強いという思い込みから、勘違いをしている人がいます。

ストレートや同性愛者よりも性への好奇心が強いということはなく、むしろ性に対して消極的だったり、心に傷を持っていたりすることも多いです

バイであることを隠してしまう

カミングアウトしたことで、意中の相手や友人に避けられたり、過去の恋愛を探られたことがある人もいるでしょう。

性的マイノリティが受け入れられ始めたといっても、まだまだカミングアウトするのは難しいのが現状です

そのため、気づいていないだけであなたの身近にも、バイであることを隠して生活する「隠れバイセクシャル」がいるかもしれません。

バイであることを隠してしまうと、出会いの機会を逃してしまいますよ。

バイが出会いを探す方法

バイ 出会い 方法

ストレートにはストレートのコミュニティがあり、同性愛者には同性愛者のコミュニティがあります。

しかし、どちらにも属さないバイセクシャルは、専用コミュニティを探すのが難しいと言われています

では現在パートナーがいる人は、どのような場所で出会っているのでしょうか?

バイセクシャルが出会いを見つける方法には、大きく分けて以下の3つの方法があります。

あわせて読まれています

関連記事
クラブ 出会い 恋人 方法
【乱舞】クラブでの出会いから付き合うことはある?クラブで恋人を作る方法と注意点!

「より簡単に異性と知り合いたい」という人におすすめなのがクラブでの出会いです。 クラブでは遊び相手しか見つからないというイメージを持っている人は多いと思いますが、実際には恋人を見つけることも可能なので ...

続きを見る

バイが集まるイベントやバーに行く

バイが出会いを探す方法として、性的マイノリティが集まる定期イベントやバーに行くのがおすすめです

LGBTのみならず、バイセクシャル専用のバーもあります。

バイセクシャルが集まるイベントやバーでは、自分と同じような価値観を持つ人や違う価値観でも受け入れられる人ばかりが集まるので、出会いのチャンスが増えます。

多種多様な考えを持つ人が集まるイベントやバーは、出会いを求めるだけでなく、居心地の良い場所にもなりますよ。

バイカテゴリがあるマッチングアプリ

近年ではストレートの間でもマッチングアプリで出会う人が増えており、LGBT専用マッチングアプリも出てきています。

LGBT向けなので、バイセクシャルだけでなくゲイやレズビアン、トランスジェンダーも含まれています。

性的マイノリティと言っても、同性愛者の中には「結局最後は異性を選ぶんだろう」と、バイセクシャルに対し厳しい目を持つ人もいるでしょう。

そのため、LGBT専用マッチングアプリの中でも、バイカテゴリーのあるマッチングサイトをおすすめします

バイセクシャルに寛容なアプリであれば、安心して登録することができ、検索も簡単です。

SNSで検索する

SNSで「#LGBTさんとつながりたい」「#LGBTとつながりたい」といったハッシュタグを使って検索してみましょう

SNSで検索するだけで、多くのバイセクシャル仲間を見つけることができますよ

私生活でバイをカミングアウトしている人や、ネット上でのみカミングアウトしている人など色々な人が見つかるでしょう。

まずは他のバイセクシャルとのつながりを作ってみるのもおすすめです。

バイが集まる場所

仲間や出会いを求めるなら、実際にバイが集まりやすい場所へ足を運ぶことが出会いの近道です。

バイだからと言って諦めず、積極的に出会いが集まる場所へと出掛けてみてくださいね

ここでは、たくさんの性的マイノリティが実際に足を運ぶミックスバーや、定期的に開催される性的マイノリティのイベントを紹介します。

ミックスバー

ミックスバーはLGBTなどの性的マイノリティだけでなく、ストレートまで受け入れてくれるバーです。

ミックスバーは全国にありますが、特にゲイの聖地である新宿二丁目に特に集中していて、表向きは「ゲイバー」として営業しています

ただし「ノンケOK」や「オールジェンダーOK」など、多くのセクシャリティを受け入れている表示がある場合はミックスバーです。

自分のセクシャリティを隠す必要がないので、出会いだけでなく安心感を得られる場所でもあります。

イベント

ミックスバーよりも、さらにオープンな出会いの場が「性的マイノリティに関連するイベント」です。

オープンなだけに、性的マイノリティではない人からも注目されるため、カミングアウトしたくない人にはおすすめできません

しかし、イベントには性的マイノリティだけでなく、セクシャリティに寛容なストレートも参加しており、リピーターもいるくらい楽しいイベントとなっています。

プライドパレード

1969年、アメリカ・ニューヨークでおこったストーンウォール事件をきっかけに発展した「性的マイノリティの人権運動」が、プライドパレードとして世界各国で開催されています。

日本では2019年4月27日(土)~4月28日(日)に、東京代々木公園イベント広場&野外ステージで「東京レインボープライド2019」が開催されました。

パレードでは1万人を超える人が参加し、「年々参加者が増えて楽しい」「幸せな気分になれた」など、満足度の高いイベントとなりました

東京のみならず札幌や大阪、名古屋など、日本全国で定期的に行われているので、是非チェックしてみてくださいね。

レインボーフェスタ

毎年10月に大阪で行われるレインボーフェスタでは「ステージ」「ブース」「レインボーパレード」の3つのイベントが楽しめます

ブース出展では、食べ物や飲み物を出しているお店もあり、誰でも参加できる楽しいイベントです。

参加者同士の交流やネットワークづくりが目的で、2019年には参加者が1万人を超え、パレードには800人以上の人が参加しました

老若男女問わず参加OKで参加費無料のレインボーフェスタに、あなたも参加してみてはいかがでしょうか?

バイにおすすめのマッチングアプリ

バイ 出会い マッチングアプリ

バイセクシャルであることをカミングアウトできない人におすすめなのが、マッチングアプリを使った仲間・恋人探しです。

しかし、近年性的マイノリティをターゲットにしたマッチングアプリが多く出てきているため、どのアプリを選べば良いのか分かりませんよね

また、セキュリーティー面でも安心して使えるアプリが良いでしょう。

そんな悩みを解決するために、バイセクシャルにおすすめの有名で安心感の高いおすすめアプリを紹介します。

Smatch-R

友活・恋活にぴったりな「Smatch-R」は、マッチングからトーク開始まで無料のマッチングアプリです。

LGBTアプリのSmatch-Rは2016年に運用を開始し、LGBTすべてのセクシャリティを完全網羅した、性的マイノリティ専用アプリの先駆けです

利用可能年齢は18歳以上、しっかりと人間の目で写真や投稿内容のチェックをしているため、安心して利用できるマッチングアプリの1つと言えます。

Tinder(ティンダー)

ストレート、ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、アセクシャル、デミセクシャル、パンセクシャル、クィア、クエスチョニングといった、9つの性的嗜好に対応しているのが「Tinder」です。

登録時に3つまで性的嗜好を選択することができ、ミスマッチが起こりにくくなっています。

また、登録後に条件の合う人がポップアップされるので、自ら探しに行く必要もありません

検索エリアも設定でき、実際に会える距離で友人が欲しい人、オンラインで繋がれる友人など、目的にあった人探しも簡単です。

あわせて読まれています

関連記事
ティンダー 出会い
Tinder(ティンダー)で出会いはある?メリット・デメリットや注意点を紹介!

誰でも気軽に恋活ができる出会い系アプリTinder(ティンダー)。 広告などで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか? 若者を中心に人気を集めているティンダーですが、「本当に出会えるの?」と疑 ...

続きを見る

ハッピーメール

ハッピーメールはプロフィール検索・ボイスチャット・掲示板・動画&画像投稿機能・好みの写真を「タイプ」する機能など、自分に合った人を探し出す機能が豊富です

以前はストレートのみを対象としたサイトでしたが、同性愛カテゴリー設置後に登録者数が急上昇!累計登録者数2000万人を超える大型サイトになりました。

参加費をポイントやコインで払う必要がありますが、婚活イベントなども開催しており、オンライン・オフライン共に利用者の満足度が高いのが特徴です

Find f

真剣な出会いを求めるバイセクシャル女性に人気の「Find f」は、「戸籍上女性」の性的マイノリティに特化しています

レズビアン、バイセクシャル、身体と心にギャップのあるFTM、FTXのユーザーが、気持ちよくパートナーを探せるサイトです。

安全性に特化するため、登録時に年齢情報や身分証のほかに、ユーザー名とIDを読み上げた動画が必要というちょっとユニーク方法をとっています

運営者自身もセクシャルマイノリティ仲間だというFind fは、バイセクシャル女性が真剣にパートナーを探したいときの強い味方となってくれるでしょう。

Bridge

男性バイセクシャルにおすすめの「Bridge」は、会員数3万人突破の「ゲイ専用の完全会員制アプリ」です。

登録審査には「学歴」「収入」「雇用形態」「職種」「写真」「自己紹介」を用いた、厳しい入会審査を通らなければ利用できません

しかし、その厳重な審査のおかげで安心して出会いを見つけることができるでしょう。

バイセクシャル女性におすすめのFind f同様、バイセクシャル男性が真剣なお付き合いができる同性のパートナーを探すにはもってこいの恋活・婚活アプリです。

バイセクシャルの出会いのコツと注意点

バイセクシャルを含む性的マイノリティが自分に合ったパートナーを探すためには、ちょっとしたコツがいります。

世間的にはあまり受け入れられないかもしれませんが、コツを掴めば出会いを見つけることができますよ

出会いの機会が増えると同時に、気を付けたい性的マイノリティならではの注意点もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分に合った検索ワードを使う

マッチングアプリでは、バイセクシャル、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーなど、たくさんの性的マイノリティ登録者の中から、自分に合う人を見つけられます

バイセクシャルならではの検索ワードを上手に使って、自分とマッチしそうな相手を探しましょう。

「レズ」「ビアン」などはバイセクシャル女性に、「ネコ」「タチ」などはバイセクシャル男性に、「トランスセクシャル」「fym・mtf」「セクマイ」といった検索ワードは共通で使える検索ワードです。

バイセクシャルだと伝えておく

アプリやサイトでパートナーを見つける時は、見知らぬ相手の検索にヒットさせるためにバイセクシャルだと分かるようにプロフィールを作りましょう

また、バーやイベントなどで出会った際にも、自分がバイセクシャルであることを隠さずに伝えることをおすすめします

真剣なパートナー探しでは、嘘やごまかしは厳禁です。

最初にカミングアウトすることで、その後のコミュニケーションも円滑になりますよ。

なりすましや冷やかしに注意

バイセクシャルへの誤解や偏見がもとで、セックスしたいだけの人が近づいてくることもあるので気を付けましょう

性的マイノリティーを装っていたり、真剣な出会いを求めるフリをしたりするので、見極めには注意が必要です

冷やかし程度であればまだいいですが、理不尽な暴行など犯罪に巻き込まれる可能性もあるため、女性は特に気を付けましょう。

性感染症(STD)に注意

性的マイノリティのみならず、どのようなケースでも気を付けたいのが性感染症です。

パートナーが感染に気づいておらず、性交渉をしたことで自分も感染してしまったり、本番行為をしなくてもオーラルセックスだけで感染したりと、性感染症は知らぬ間に広がります

「一夜限りの相手」という場合は、必ずコンドームを付けるなどの性感染症対策を「一生お付き合いしたいパートナー」であれば、セックスの前に双方が性感染症の検査をしておくことが大切です

バイセクシャルのパートナー探しはイベントやアプリで出会える!自分に合った方法で素敵な出会いを見つけよう

近頃は性的マイノリティに寛容な人が増え、バイセクシャルに対する理解が進んできました。

バーやマッチングアプリなど、バイセクシャルがパートナーを見つけやすい環境も整ってきています

「地方に住んでいてミックスバーはないし、イベントにも参加できない」「カミングアウトできる場所がないからパートナーはいない」という人は、ぜひマッチングアプリを試してみてください

ただしその時は、この記事で紹介した注意点を忘れないようにしましょう。

一歩踏み出せば、良い出会いが見つかるはずですよ。

この記事のまとめ

  • バイセクシャルは同性愛者と混同されやすい
  • マッチングアプリを使えば、素敵な出会いを見つかる
  • 出会いを見つけるには、バイが集まるイベントやバーがおすすめ
  • 自分に合ったマッチングアプリを使おう
  • バイセクシャルであることをしっかりと伝えることが大事

 

恋人探しなら

毎月3,000人に恋人ができてるみんながやってるマッチングアプリ
pairs3

新しい恋を見つけよう!

無料会員登録はこちら

※誰にもバレずに理想の相手が探せると話題に

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
love door 編集部

love door 編集部

人には言えない恋愛の悩みや情報をほぼ毎日更新中。新たな恋を見つけたい大人のための恋愛メディア「Love Door」編集部です。Twitterもありますので、彼氏や彼女が欲しい人や恋の悩みを解決したい人は気軽にフォローしてください。

今月のおすすめ記事はこちら

コロナ デート 1

新型コロナウイルスのパンデミックは世界中に大きな被害をもたらしており、ついに日本でも緊急事態宣言が出されました。 それによって外出自粛が要請され、デートを自粛しているカップルも多いのではないでしょうか ...

お家デート 料理 2

「お家デートはいつも映画鑑賞ばかりで飽きちゃった」 そんなカップルは一緒にキッチンに立って料理を楽しんでみましょう。 一緒に料理を作ると二人の距離が今までよりさらに縮まるはずです。 LoveDoor編 ...

お家デート 映画 3

お家デートの定番と言えば映画鑑賞ですよね。 2人でゆったりとソファに座り、お菓子をつまみながら映画を見ると、自然と2人の距離は縮まります。 LoveDoor編集部今回はカップルにぴったりな恋愛映画やホ ...

-出会い, 恋活/婚活
-, ,

Copyright© Love Door , 2020 All Rights Reserved.